太陽光発電を導入しようとする場合、それを導入する時のメリットとデメリットを知っておく必要があります。
特に、デメリットに関しては、今後起こり得ることを知る事にもつながるので、調べておくと後々で便利です。
では、太陽光発電のデメリットとは一体何でしょうか。

そのデメリットの一つが、導入の時に結構お金がいるという事です。
その費用は平均で200万円前後ですが、もっと高く必要となる事もあります。
つまり、安くは手に入らないシステム、という事です。
とはいえ、これに関しては国や地方自治体から補助金が出るので自己負担分が減る事、さらに10年12年とある程度の期間は必要ですが、導入費用は回収できます。
つまり、一時的には沢山のお金が必要ですが、長い目で見てみれば、それほど大きなデメリットとは言えません。

また、太陽光発電は、太陽が出ている時にしか発電をすることができません。
その為、曇天や雨天の場合は、発電ができず買電する必要があります。
安定した電力が確保できない、これはデメリットです。
ただ、技術は日々進歩していて、例えば蓄電池が開発されたり、同じ面積でも発電効率の良いものが開発されています。
その為、これからを考えると、これらのデメリットは段々と解消されていく傾向です。
ちなみに、立地条件にもかなり影響を受ける発電方法ですが、これに関してもパネルの性能が向上すれば、問題は解決していきます。

それ以外で言えば、設置した時に雨漏りをするようになった、という事です。
ただこれに関しては、業者選びをしっかりとすればかなり起きる可能性が低くなります。
従って、ただ値段だけで業者を選ぶのではなく、そこの技術や実績から業者選びをすれば大丈夫です。

物事にはメリットがあればデメリットもあります。
太陽光発電も例外ではありません。
ただ、このデメリットはどうしようもない物ではなく、一時的な物だったり、技術向上で解決できる物です。
導入しようかと検討しているときは、メリットとデメリットを合わせて知っておくと、正しい判断ができます。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>